スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

唄い始め!

2007/01/31
昨日、カラオケヘ行った。
宝塚のカラオケ店で火事騒ぎがあって間もないので少し不安だった。
しかし行ってから歌の本を見て何を唄おうか迷う
進歩のないことよ、その点、うちの母ちゃんなんか唄う歌を
ちゃんとメモった紙をひろげ次からつぎへリクエスト
新しいのも入っているではありませんか、まったくいつこんなのを
覚えるのかなあ、不思議であります。
こちらは合いもかわらづふるーい歌であります、まあしかしいいじゃん
気持ちよくビールを飲みながら好きな歌をおもいっきり唄う
楽しいひとときでありました。
スポンサーサイト
comment (0) @ 未分類

まるで春?

2007/01/30
まだ一月ですねえ!
あたたかい昼下がり、空は真っ青ほんと春の色。
少し歩いてみると、ほのかないい匂いがするなんと「紅梅」が
美しく春の陽を浴びて?咲き誇っている!
まだ一月です、
鴉がなにか食べ物にありついたのか懸命につついている
畑のえんどう豆は花を咲かせ始めています。
未だ一月!
今朝の日の出の明るい事!
神戸空港から飛び立ったジャンボ、朝日に映えて綺麗、
このまま「春」まさか
まだ一月です。
comment (0) @ 未分類

日曜日の一日

2007/01/28
今日は用事が出来て車で三十分の月が丘というところへ行った。
地名が「月が丘」と言うくらいだから月がきれいに見える場所なんだろうか?
マンションに分譲一戸建てぎっしりとひっついている。
山を切り開き、自然を切り開き建った家々、尋ねたが生憎るす。
日曜日だけど子供を一人も見かけなかった、子供のいない家庭ばかりなのだろうか公園を通ったがついぞ見ることが無かった。
少子化時代といえど一人も外で遊んでいないことに寂しいような
将来の不安を感じたものである。
これからの時代は「受身」でなく一人ひとりが何事も前向きに
とらえられる「責任」があることに気づくべき時ではないか、と感じたり
高邁な事を思ったりして暫く待ってみる事にして車を移動しようした、
その時、前から来る車があり待った、道幅がせまいから待ったほうが良いと
思いそうした。待って通りすぎる車中をみると中年を過ぎようとした
紳士である、なんの会釈もなし。
なんでもないことかも知れない、しかしこの一つが今の世代の現状の
顕れであろうか、若者の方が気持ちよくすれ違えるかもわからない。
テレビで頭をふかぶかと下げて謝っている会社の上役か経営者か、案外
今日の車中の御仁ような方だったりして。
身近なモラルが守られない年配者が増えてはいないだろうか!
そんなことを感じた日曜日であった。



comment (2) @ 未分類

携帯電話の写真

2007/01/27
今日もほんと!良い天気だった。
今日こそきれいなストックの写真をと思って外へ!
山茶花もきれいあっ菜の花も咲いている、携帯をあっち向け、ほれこっちへと
写しまわって家に帰り、いろいろと用事をすませ、
へたな川柳もひとつひねり「そのまんま東、西へ帰りて、変身が出来!」
そしてもって「携帯写真」を開いた。ヌーっと花びらだけ、
花との距離の取りかた失敗!はい、「初心者」であります。
再さいチャレンジします、
どうか良い天気がつづきますように祈る!



comment (0) @ 未分類

ボンの散歩タイムの変更!

2007/01/26
朝、六時には家を出ていたボンとの散歩を最近は夜があけて、もう明るくなってから出発する事にした。
ボンの年齢!今年で十六年を迎える、目がほんとに見えないらしく
物にぶつかる、暗いときだとよけいに穴に落ちようとしたり
ぶつかりやすいように思え時間をかえた。
ボンが我が家の住人?になったのは家内の母、おばあちゃんが亡くなり
おじいさん一人はさびしいからと知人からゆづり受けた。
ところがおじいさんが日々の面倒をみるのがが辛いと言う事で
結局、引き取って家族の一員となった。
男の子らしくやんちゃで見るものをかじりたいへんだった。
当時、猫が一匹いてメスのシャム猫でロンリーといっていた。私が先輩よ!と
怒りもせづどうかしたら母親のようになめたりして可愛がった。
このロンリーは娘が小学校四年生の時、私の知人からもらった、とても
きれいな猫で娘になつき娘の言うことは不思議なくらいよく理解をしていた。
娘が嫁ぐ前に亡くなった、これも不思議であった、十七年生きた。娘の悲しみように涙した。
ボンが大人になりさかりづく頃、ロンリーが女性に思えたのかしきりと
アタック!うるさくなったロンリーしまいにはフーと爪を立てる
しかしあきらめない、ひつこく迫っていくのである。
そのことから散歩のたび可愛いメスわんちゃんからいいよられても
しらんぷり、いまもって猫の匂いを追いつづける毎日である。
これなんかの倒錯って言うことかねえ。
しかしじいちゃんになった!




comment (2) @ 未分類

春の空?

2007/01/25
うっ!春?
暖かい、みあげる空は春の色、
まさか、そんなことないよなー、ニュース!熊さんが
寝られなくて、里へ食量の買出し?
気にしていた「花菜ちゃん」元気になった。
この調子だと咲くのは早そうだ、これでいいのかねえ。
comment (0) @ 未分類

今日、一日のおわり!

2007/01/23
今日はなにをしたのだろうか、これ「日記」日を記す、
自分の今日の行いをどう記すか、なにを難かしく云うか「馬鹿日記」、
なぜか「ストック」の花が好きでつい買ってしまう。
今日はストックの花を植えた、昔、松山に転勤で行った。
其の辞令を受けたとき、小説「坊ちゃん」がふと頭によぎったものである。
今の松山はどうかわらないが、其の頃は良かった近くに温泉があり
子供達と田んぼの畦を歩いてよくいった。松山城の桜も懐かしい、其の日なぜか花屋さんに寄って匂った「ストック」の
花に魅せられ買ってしまい玄関に生けた。そして春も過ぎる頃の思い出である娘がかわいいさかりであった「社宅」にマーガレットの花が咲き乱れ美しい
季節であった。娘に花で冠をつくりそれを頭に着せ写した写真が今、私の
宝である。花に季節がなくなったように思う今の時代、
なぜか「ストックの花」を見ると懐かしく娘の幸せを祈る!
comment (2) @ 未分類

相撲について!

2007/01/21
かっては、毎場所の相撲をおおげさであるがテレビにかじりついて見ていたものである。しかし日本の国技であるはづのスポーツが最近は日本のものではないような気がするがどうであろうか、各部屋ごとに即戦力につながる
アジア、ヨーロッパ各地から募り日本文化からはなれたように思えるのは
そう思うのは間違いなのだろうか、そろそろ「国技」からはづしては
いかがなものか、なにかしら甘い「向上心」のない日本国
すべて「責任感」のない体質になってはいないだろうか、こんなことを
云って叱られそうだが、昔、徳川幕府といっていた時代、愚かな殿さんで失敗があればその藩は取り潰しになり多くの領民は途端の苦しみであったとの事
現代それなりの会社であればそれこそ多くの社員をかかえている、
「無責任」役員がはばを効かしている会社は大変であろうと思う。
「相撲」のことであるが日本力士よ!根性をだせ、ハングリー精神を出せと
云いたい。どっちでもいいことかも知れないがせめて「国技」と胸を張って
日本力士の存在を発揮してほしい、ささやかなる願いである。
comment (0) @ 未分類

曇り天気の日曜!

2007/01/21
天気がもうひとつよくない、昼まえまでテレビとパソコンで時間を
費やした。パソコンは旅の案内をみた、来月十三日が
結婚四十一周年の記念日、小旅行をしようということになりさあ何処が良いかということでいろいろ調べてみた。結局いまカニのシーズンならば山陰へ
しかしもうどこも満員、今ごろになっては遅いしかも犬連れときたもんだからよけいにむづかしいそして山陰といえどあまり遠いのも困る、山陰にこだわらづ京都府でわんこ連れを見たら、なんとありました!予約申し込みよりも直接、電話でもうし込んでみた。
「今忙しくて応対はできません!」と男の人の怒ったような声、
昼前の一番に忙しかった時みたい「すんません午後にします」と
謝って二時過ぎあらため電話を入れた、長い事待たされて、その返事は
二名と一匹オッケイになった!
こういったとき、ほんにパソコン様さまであります。
さあ!来月は「天の橋立」へ行くことになった。
comment (2) @ 未分類

映画の想いで!

2007/01/20
最近、映画館に行ったことが無い、いや最近なんていうことも可笑しい
もう何年前のことになるだろうか。
洋画で記憶に残るのは「ひまわり」ソフイアロウレン好演の
戦争にまつわる悲しい物語、その中の一コマに彼を求めロシアにはいった
あたり一面ひまわり、見渡す限りひまわりの花で埋め尽くされている
そのバックミュージックとの光景が残っている。
松本清張の「砂の器」も映画館でみた、緒方拳のお巡りさん未だ若い頃の
警官すがたであった。
ライ病の父親に連れられ山陰の海岸を旅する光景、日本海の冬の荒波を背に
とぼとぼと歩く、あるいは子供達に石を投げつけられ子を
かばう父親、涙が出てしょうがなかった。
偏見、誤解、無知ゆえの悲劇、日本の過去にはこのような差別が
たくさんあったようである。やはり映画館で見る映画はいいなあ、ほんとに
いい映画は心に残る。またいい映画があれば行ってみよう!
comment (0) @ 未分類

娘よ!

2007/01/20
風見信吾の娘さんが事故死!
可愛い娘が死んだ、こんな悲しいことがあった。
号泣とあったが、父親はむすめは目に入れても痛くないと言われる程に
可愛くて愛しいもの、ほんとに辛くて云いようが無いと思う。
娘は父親のことを気に掛けてくれてほんとに優しい、
父親はまさに「無償」の愛を娘にそそぎ、生きがいとする。
師匠の欣ちゃんも云い様も無くなぐさめに心を砕いている事と思う!
私も娘がおりひとごとでないように感じる、ちっちゃい頃よく車で残雪のある
六甲山に行き松ぼっくりくを集めたりして遊んだ。
今はもう嫁にいっているが暫く会わないとすぐ電話を掛けたりしている、
去年の旅行は娘夫婦と一緒である、こんな幸せはないと思っている。
いう言葉がないが元気になって明るさを早く取り戻す事が
娘さんのためになることとおもう!
comment (0) @ 未分類

責任と言う事!

2007/01/18
午前中はまるで春の陽気だったがさすが冬の季節、夕方は寒く
マフラーを巻きなおした。
毎朝、愛犬と散歩であるが決まったように近くの小学校の校庭の周りを歩く、
「おはよう御座います」と元気よく挨拶をしてくださる先生!
教頭先生かそれとも校長先生か?塵取りとはさみを持って学校の周りの
塵ひろいをされている、毎日の事である。
老舗の不二家の問題しかり最近のお役所さん大会社さん、ともに範を示すべき
立場であるべき「人」達、まったく「責任感」が無くなっている様に
おもえる。ここに一人よがりにも今の世のマスコミという「権力」に対し思う、こういう世の中にしてはいけない、という使命感を持つ事はとうてい無理な事なのであろうか、こんな事をマスコミに求めること自体がヤボでありおかしいことなのであろうか?報道に左右され易い民衆を「エゴ」をかきたてよろこばせ陰湿な自己満足を与えそしてそれを助長させてゆく。このてのテレビ番組の多いイ事よ!朝早くから出勤、結構夕方おそくまで学校に居残りされる「先生」!ほんとにお疲れさまです、心から云いたい。
「教育現場」を直視せづして表面だけからみてどうのこうの云えないのかも知れない。朝早くから夕方遅くまで働いている「学校の先生」ほんとにこんな世の中、教師志望の少なくならないことを祈りたい。一部の不真面目な先生の行いはマスコミの餌食になる。あらゆる「事件」がマスコミのよき「餌」であるように思える、肥える、太る強くなる、怖い事かもしれない、責任はそのとりあげ方によるとおもえる、なにかここに「無責任」の風潮の「因」があるように思えてならない。「矛先」を世の中を明るく正しく元気に!という「使命感」に基づき頑張ってほしいと思う。毎朝、まじめに頑張っておられる「先生」をみるにつけマスコミの方向により世の中、もっと変るように思えるのは私一人か!昔、「一億総評論家」という時代があったように思う、「批判」は誰でも好きなように云える。こんな事をきじにする自分自身がそうかもしれない。「無責任」な記事よ!
comment (2) @ 未分類

久し振りの雨!

2007/01/16
久し振りに雨が降った。
「花菜」に水をやらなくてはと思っていたが良かった、
車も洗車を考えていたがたすかった。
しかし冬らしくない毎日、しかしどう急変するかもわからない
十二年前がそうであったように思える。
朝、五時四十六分に突然の大揺れ「恐怖」の体験をした。その日をさかいに
寒さが襲ってきた、もう嫌なことです。
ともあれこの暖かさのうちに元気に伸びてほしい「花菜」ちゃん!
comment (0) @ 未分類

今時の子供!

2007/01/15
今、あまり見なくなった「なんでだろう、なんでだろう」のお笑い、
朝、犬の散歩のとき公園をいつも通る、そこのベンチにもう何日も前から
子供の上着、ジャンバーがある。一つではない三着もある
遊び、日暮れ近くなって慌てて帰ったのかもわからない、
しかし家に帰り忘れた事に気が付かないのだろうか、家の人もお母さんも
気が付かない、そうだろうねえ今の子供達は、服であれ、おもちゃのたぐい
であれ十分に買い与え、親自身その管理なんてとても無理だよねえ。
ちいさな頃からこれで済ましてしまう「なんでだろう」!
この子達が大人になって行く、左の手に携帯、右に犬の紐、高校生かな?
携帯に夢中で歩いている、犬がうんちんをした、そのままである。
「ちょっと待ちなさい!」と注意をしたら怪訝な顔で見返してきた、
こんな事の教育は何処でだれがするか。
とは云うもののごく一部の子供達かも知れない、そう思いたい。

comment (4) @ 未分類

冬の日の太陽!

2007/01/14
今日も天気がよく、こういった日の西陽の入りは素晴らしい!
私の部屋から見られるこの「時」太陽が播磨灘の水平に沈み消え行く、
一瞬の間に見えなくなってしまうこの「時」、
今日もあまりの「陽」の入りの美しさにシャッターをきった。
地球の活動を、自転と公転の確かさを感じる一瞬でもあろう、一日はこうして
終わった、西に入る太陽は生きるもののすべてに「ご苦労さま」と、
「おつかれー」と云っているように、そして明日への希望を持ちなさいって
云っているように感じ取るべきものかもしれない。
美しい夕焼けを、美しい空を、今あらため心から見ながら幼かった頃の
童謡を想い出したい!

comment (2) @ 未分類

寒い晴天!

2007/01/14
天気は確か下り坂と言っていたようだったが、
このところ毎日いい天気つづき、気持ちはよいしかし昨年の十一月に植えなおした花菜の元気がない、苗が伸びすぎたのを植え替えたためかなあと
今にして思っている。
春、三月には黄色いきれいな「なの花」が見れると楽しみに
しているのに、そしてブログに写真を載せようとの計画ははたして
実現するか?少し危ういかな、こんないい天気である手を加えてみよう!
写真を扱うことに今すこし気がうすれている。
また変な事になりはしないかという恐れがある、も少し勉強だねもっと
本をよく読もう!
comment (0) @ 未分類

1、17がくる!

2007/01/13
来る一月十七日、阪神、淡路大震災十二年目!
多くの犠牲者を出し未だに立ち直っていない方もおられるかもしれない、
阪神高速道路が長々と横たわっているそのすぐ側をバイクで走り
支社社員の安否を確かめる為に瓦礫と、倒れた家の残骸の中を走った。
組合の役員であった責任を果たす為、最後まで所在の掴めなかった社員の無事を確かめたときの感激はいいようのないものであった。
悲劇そしてまさに地獄さながらの有様はいたるところににあったのである、
その大変だった後は得意先企業の確認であった。
私の担当企業のほとんどが被害の大きかった「長田」近辺であった、もちろん
残っている会社はわづかであり焼け爛れ壊れ見るも無残なものであった。
何日か経って確認のとれた会社の奥さんに聞いたことは今も耳から
離れるものでなくなった。昨年の「美しい海へ」の記事に書いているが、
その前日の夜、社長は仕事の打ち合わせなどで遅くなり、息子さんと奥さんは
先に二階で休み、社長は晩酌をやってそこで寝入ってしまった。
翌、早朝のことである、息子さんと奥さんは一階にいるお父さんが
柱や角材にはさまれて身動きできなくなっている状態をみた。
「おやじい!」今行くから待っときよーと叫び斜めにゆがんだ二階から
助けようと足を向け始めたそこへなんとすべてを燃えつくさんばかりの「火」が襲ってきた。それでも助けようとしている息子さんを抱き止めたのは
近所の人たちで火の勢いが凄く「おやじー」と叫ぶむすこさんを引き離した
社長は生きたまま「火」に埋まったのである。
息子さんに言うべき言葉がなかった。この記事の途中、北海道方面で大きな
地震のニュース、どうか大きな被害がないことを祈る。
神戸は災害の無いほんとに住みやすくいいとこであるはずであった、
その後、ボランテイアが活発になり人々の助け合いに心がすがすがしくなつて
「頑張ろう神戸!」の合言葉に随分と感動したものである。
今、年数が経ち「衣食たりて礼節を欠く」ってところ?にあるのかなあと、思わないでもない、ともあれこの「日」を忘れることなく自分を見失わないようにしたいものである。
comment (2) @ 未分類

晴天なり!

2007/01/11
朝晩は寒いが、昼間の天気の良い事、ほんと気持ちが良い
空は真冬ではないような青空である。
ブログ記事の再開!写真を入れようといろいろといじくり回して
なんか変になってしまった自分の頭と共に、
当分は文字のみで行きます。今朝、芝生の上にちっちゃい小鳥が
死んでいた、みどりがかった青い小鳥で目を閉じて可愛い死に方であった
小鳥の呼び名がどうしてもでない、「めじろ」だったかなあ、いや違うようにも思えた。かわいそうなので土に埋めた、なにがあったのか
食べ物がうまくとれなかったんだろうか、群れにはぐれたんだろうか?
ちいさい可愛い小鳥だった。
comment (2) @ 未分類

パソコンの調子がへんです!

2007/01/08
なんかきのうからパソコンの調子が悪い、
いじくり過ぎたのか?
解決するまで、更新がとぎれるかもわかりません!
comment (1) @ 未分類

写真のれんしゅうー2

2007/01/07
なかなかむずかしいもんだ!
写真入れるのは、まっそのうち上手くなるでしょう。
きれいな潮の岬灯台

 真っ青な空、太平洋を前に
 聳え立つ、白い潮の岬灯台です。



comment (0) @ 未分類

写真練習中

2007/01/07
初日の出
 これが初日の出です
 ここは和歌山県潮岬
 本島最南端です。



海の魚たち
 ここは串本海中公園です。
 初日の出を見た後に行きました。

comment (3) @ 未分類

本屋さんへーその2

2007/01/06
本屋さんへ行ってその帰り百金ダイソウにゆきケイタイを
首からつるひもを買いに寄った。
探しながらふと本とシイデイの売り場がありそこになんと
伊藤久男の「あざみの歌」「山のけむり」その他三曲、それで五百円なり!
があった、一瞬本物なんかなあと思ったが買ってさそっく車のシイデイプレイヤーに入れた。それはまちがいなく久し振りに聞く伊藤久男の声そしてその歌、わき道にはいり車を止め、きっちり五曲おわるまで聞き入った。
知らない方達にはなんのことやらと思います、これほど自然の素晴らしさを
歌ったものは少ないと思う。
出だし「山には山の憂いあり、海には海のかなしみやまして心の花園に」
ナツメロは古臭くてと思っている方に一度きいて頂きたく思います。
そしてまったく初めて聞いた「高原の旅愁」いいですねえ、おぼえて
カラオケで唄おう!
家に帰ってブログの本をみながら頭の中は山のけむりのメロデイーが
ながれっぱなしでまぶたが重くなり眠りにはいりそう。



comment (0) @ 未分類

本屋さんへ行った!

2007/01/06
どうもむづかしい、困ったもんだ。
説明のせつめい書がいる横文字が多く理解ができない、
横に先生が必要であります。
ブログ関係の本を探し何冊か選んだ、さあ!くびっきりで取り組むしか
ありません頑張らなくては、とはいえ本見ていると
ねむーくなってきたのであります!
写真いりはいつのことやら。
comment (4) @ 未分類

連休です!

2007/01/05
明日から三連休!さて、なにをしようか外は荒れ模様とのことです
レンタルビデオにするかなテレビは面白いものがあるかどうか、
しかしながらよくもまあ次から次と事件があるもんだ、
マスコミさんたちネタの切れる事がない、実に悲しい事件が起きたねえ!
家庭のあり方を真剣に考える時ですねえ。
まあ連休は昼間はへたなブログのキーをたたき夜は少しのお酒?で、
ビデオ鑑賞といくか、いや、ちょっと待てともう一人の自分が言い出した
「ブログに写真を載せる研究をしなさい!」
本屋さんへまず明日行ってみよう、少しでも上達しなくては、
へんな記事になってしまった、すんません!
comment (0) @ 未分類

あけまして四日目!

2007/01/04
楽しい事の過ぎる速さ、休みにはああしてこうして思えども何も
出来づして終わるかなっていう正月でありました。
なんと元旦に行った串本町の大島のことが今朝ニュースになっていた
日の出のため、大島の樫野崎灯台に行ったがその途中にトルコ軍艦沈没云々の
記念碑が建っていた、きちっと読まなかった記念碑の文章、じつは台風で
沈没した誠に気の毒なトルコの軍艦のことであった。
日の出をみた帰り道、その記念碑のまえに五人ぐらいの外国の方が写真を撮ったり和やかに談笑されていた。朝はやくここまでこられたトルコの方達かな?
またはそれなりの関係者の方であろうと思ったのだが、ニュースの内容は沈没の軍艦は今も樫野崎の海の底に横たわっていてそれをこのたび引き上げてトルコへ持って帰ることになったということである。なんの気もとめづ通りすぎた場所、それがなんととても意義あるものであった。元旦のスケジュールを終えて神戸へ!有田御坊道路へさしかかり声を出してつぶやいた「対面通行が続くここは怖いよ」!今日、夕方のニュース「有田御坊道路で事故」二人のかたが亡くなった。
なんとはなしに「過ぎたあと」その時のずれに不思議を思う。

 
comment (4) @ 未分類

冬の花

2007/01/03
いつも愛犬と散歩のコースで見る「さざんか」
いつでもどこでも見られる「さざんか」その美しさ、誰にみてもらえようが
見てもらえなくてもひっそりとしかし精一杯に咲き誇る、寒い冬に咲く花
今、と言うか「現代」と言うべきか「心の豊かさ」が求められる時代と
云われる、豊な心、人間としてそれこそ今一番に考え行動すべき課題であろう
その責任を「社会」あるいは「政治」に「因」を向けようとする。
それも確かにそうであろう、じじいが思うに「自分自身を見つめる」ことなく、とりまくまわりに振り回され「自身」を見失って行く、見えなくなる「不幸」という二字はすべて自分の「心」の域を少しも出るものではない。
当たり前で笑われるかも知れないが「心」も鍛錬が必要ということかもかも、
ブログの素晴らしさ、いろいろな思い、意見、ときにはなまなましい
実生活の体験を拝する、このことが「自分」を見つめることに「益」する「機会」、そう思う。さざんかの美しさこの「季節」に咲くありふれた花にまわりくどい「日」の「記」となりました。





comment (0) @ 未分類

新年の抱負!

2007/01/03
今年の抱負は
①歳老いてはやはり健康第一
②ブログの上達
③できたら今年も沖縄へ
④人生の総仕上げ、悔いなく何事もこれからと前向きに取り組む
⑤本を読む未だ読めていないものが沢山ある
さて、これが抱負といえるだろうか、まっとにかく
元気で頑張ろう。
今日は三日、はや正月もおしまい、誰かのお言葉「気合だー」「気合だー」で
明日より出発だー!
comment (0) @ 未分類

新年!初めての記事

2007/01/02
あけましておめでとう御座います。
今年は「写真」入りの記事が書けるようになんとか頑張ろうと
思いました。
年末に和歌山の串本大島ヘ行った、太平洋の彼方から昇る元旦の日の出を
迎えようと出かけた。
天気がよく海も山も本当にきれいだった、ここでつくづく思うのは
写真入りの記事ができればよいのになーってことです。
潮の岬そしてその灯台、明治三年の歴史をへて今に使命を果たしている
もう何年になるか「おいら、岬の灯台もおりはー」って歌があった。
人生を灯台守で暮らし「家族」と灯台の使命、船を守る事ををまっとうした
物語を歌と共に思い出した。「家族」のきづなは己が「使命」にめざめ
それをまっとうするところに結びつくのかもしれない。
元旦の日の出、その岬に大勢の人があつまった。
寒くもあったが大勢の人が日の出を無言あるいはひそひそ話で太平洋に
向かってただひたすら待った。待つ事10分ぐらい次第に洋上に黄金の
煌めきと共に太陽が少しづつ昇ってきた。
素晴らしいのひとこと、今年もただ平凡に無事故で自分らしく
自分の使命を力強くまっとうしよう!さあ己が使命とは、?まあとにかく
元気で毎日、ブログに向き合える自分でありたいそう決意をした。
すごい決意である?そのあと「宿」のこころづくしのおせちをご馳走になった、おとそでほろっとなった。愛犬同伴の旅を満喫した。さあ!今年も
頑張ろう。
comment (0) @ 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。