スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

アホの一つ覚え!

2007/03/29

F1000132.jpg F1000130.jpg 今日の上は「アネモネ」?下は、「花梨」のつぼみである。桜のつぼみも


  撮ったが、  もう一つ上手く撮れていない!


  いつも上手く撮れているみたいだけど、


  例によってボンと散歩の時に撮っている、おんなじことやっている


  これを「アホの一つ覚え」と云うそうである、


  もっと、「進歩」しなくては、そう思う!     

スポンサーサイト
comment (1) @ 未分類

水仙

2007/03/28

黄色い水仙、今が盛りのすいせん!
黄色いのもきれいだ!
comment (0) @ 未分類

三月もあとわずか!

2007/03/28
                    F1000126.jpg                        F1000128.jpg
左の花は、名前がわからない、右は「忘れ名草」と水仙、
花の季節がやってくる!
本当に花はいいなあ綺麗で心が洗われるとは正にこの事と思う。

山百合が待ちどうしい!
今から「桜」というのに気の早い事である、
明日は桜を撮ろう。
comment (0) @ 未分類

桜のつぼみが膨らんだ!

2007/03/27
                      F1000122.jpg                     F1000125.jpg
今日のこの暖かさ、近くの桜がいちりん咲いた。
もう、三月も終わりに近づいた宇宙の進行は、待つことなくとどまることなく
おまけも差し引きもななく、きっちり前へ進む。あたりまえの事であるが。
今日と云う日は二度と帰って来ない。

さあ、思い出を作っておかなくては、花見は何処にするか。
comment (0) @ 未分類

春来る!

2007/03/26
                      F1000119.jpg                        F1000118.jpg
写す時、日陰が出来てしまった「花三菱」と春を告げる「・・・ふぐり」
多分この名前と思いながら今、ふっと、消えて忘れてしまった。
もう、こぶしの花も咲いているだろうなあー!次の土曜日に田舎へ行こうか、

やはり、自然の息吹を感じるのは「田舎」!
父母のぬくもりを感じる田舎へ行こう、しかし田舎があることの幸せを
この歳になってしみじみ感じる、親の有難さと共に!

まさに「心の」豊かさとはこのことかも知れない。
comment (0) @ 未分類

散歩

2007/03/25
        F1000116.jpg        F1000117.jpg
夕方の散歩しながら「わすれなぐさ」と、ほとんど野生化した名前がでてこない花を写した<左>しかし、
花がいっぱいありすぎて其の名前を覚えることは難しい。

このあと、いつもの公園を通りかかった。
あれは、高校生だろうか五人ぐらいがたむろしており、頭は「ちゃぱつ」に染め
耳には穴を開けているのか、かざりをぶらさげていた。


今の子供達のはやりなのか、なんとも複雑な気持ちであります
この子達がおおきくなり「社会」に出て責任を感じられる青年に成ることを
祈らずにおられない。

今年の「春」は選挙の季節?
テレビなどマスコミの報道を見たり聞いたりだがこれからの「暮らし」や世の中が悪い方向へ悪いほうへ行くというものであり「明るさは」感じられない、だから、今の政府は「悪いんだ」と云うところへ誘導したいのか、その辺がどうもどんな裏があるのか、

今の政府が良いと云って擁護しようと言っているのではないが
評論家とか大学の先生など「欠点」の追及はしやすいと思うけどねえ。
そのてん、もう辞められたが前政権の「財務」担当の大臣は立派であった
と思われる。

自らが其の中に入っていろいろと言われながら任務遂行に努力するのと
テレビに出してもらって「無責任」をのたまわっておられるのと
どちらが良いのでしょうか。


マスコミに惑わされず、御よう学者さんに惑わされず、それこそ自らが
この目で確かめて選びたい「選挙」ではなかろうか、
こんな偉そうなこと云っていいのかどうか!
こんな事を思いながらの「散歩」でありました。


comment (0) @ 未分類

災害は忘れた頃にやってくる!

2007/03/25
F1000114.jpg
去年の古い球根を植えていたチューリップが咲いた。今日の朝、九時過ぎ能登半島で地震があったと報じていた、「必ず来る、南海地震」とよく言われているが、その反対側の日本海で震度六度強の地震が起きた。これが東京とか大阪の市街であればどうなっているか、
想像するだけで実に恐ろしいことである。
「災害は忘れた頃にやってくる」
行政」だけでなく一般市民の私達も心がけて置かなくてはいけないと
思った。
comment (0) @ 未分類

雨のなかのゴルフ!

2007/03/24
本年はじめてのゴルフコンペ、しかも雨の降る中、
しかし春になっての日、濡れても寒さがないからほんとよかった。
いままでのプレーで今日は一番よかった!調子と成績が、

そんなもんだから雨なんかなんのこたーないと強気でありました。
半年振りの皆んなとの出会い、いいもんですビールの美味いこと、健康で
元気で永いおつきあいをこれからもしたいと心から願った一日でありました。

久し振りに出る大阪は人の群れと言うか、人ゴミに疲れる、田舎は
いいなあと思う、家に帰ってホットします。
これも東京に帰る方達の交通の便を考えてのことで枚方市にあるゴルフ場を
選んでいる。

さあ!次はもっとよいスコアーを!
comment (0) @ 未分類

暖かかった春の日

2007/03/23

      F1000107.jpg             F1000109.jpg


今日は春の日、桜もつぼみがはちきれそうに膨らんだ。


写真は、椿と確か「鴉のえんどう」だったと思う?自信ない、椿は八重咲きで


とても綺麗だった。「ボン」ちょっと待って!と言いながらカメラに切り替えたケイタイで


写した、鴉のえんどうも綺麗だったが、地にはっていて難しかった。


春になって、花が咲き乱れる、写真を撮るのに大変だろうなあ、それこそ目うつりして


しかし楽しいことであります。

comment (4) @ 未分類

今日の雑感

2007/03/22
六カ国協議の進展なし、
まあこんな事になるのではと予想をしていた、どこかの国が毅然として
対応していなくては、北鮮にただ振り回されているだけだ、
どっちが悪い事しているのか、悪いほうが威張っているまったく
情けないもんだ、アメリカも弱くなったもんだねえ、

日本のマスコミもいらんことでワアワア騒がんと「拉致」とかもっと
大事な事を報道してはいかがでしょうか、
テレビにしても「占い」番組なんかやっている「局」いったいなにを考えているのか「無気力」の増徴を促進しているように思える。

歳の行ったせいか、日本の「甘さ」を感じる。
大相撲の横綱「朝青龍」の顔を見よ!
負けじ魂の顔を見よ!・・・・と、いいたいがダメかねえ。
生意気言っても自分は果たしていかがなりや。
comment (2) @ 未分類

春が来た

2007/03/22
F1000106.jpg
 この花、何の花?
 季節感なしでいつも咲いているように思える花、
 葉っぱは白いうぶげに覆われている、黄色くなにか懐かしさを覚える花!
 今日は、ほんと「春」がやっと来た、桜も明日にはきれいな花びらを
 はにかみながらほんの少し見せるような暖かさである。
 二十四日は本年初のゴルフコンペ、
 なんか雨模様らしい、雨の中のプレーはヘタクソだけに嫌なもんです。

とはいえ久し振りに、皆に会えることはほんとに嬉しい!
私にとってはプレーは二の次、
参加に意義あり・・・・・・!


  
comment (0) @ 未分類

休日

2007/03/21
F1000101.jpg
再びストックの花
写真の撮りかたがもう一つうまくいっていないボヤケの画面だ、
本とくびっきりの一日である。
comment (0) @ 未分類

春分の日

2007/03/21
F1000098.jpg今日は春分の日、確かに陽射しは春!
暖かい昼下がり、
こんなことを書きながらじつは今、熱が出始めている風邪模様、
しんどいことであります。

右の花、ルノアールの絵画みたい、随分と勝手な想像であります。
しかし花の種類は多い、
明日は、「わすれなぐさ」を写してみよう!



comment (0) @ 未分類

風邪をひいてしまった

2007/03/20

F1000103.jpg F1000102.jpg


今日の花!左は家に帰ったら忘れてしまって名前が出てこない、メモっとけばよかったのに


右はムスカリである。


しかし、毎日さむいこと、とうとう風邪をひいてしまった。季節はもう春、


春に咲く花はもういつでも咲ける用意はしているはづ、


桜もつぼみがふくらんで木がにぎやかになってきている、なにかもうすぐだと思うのに


まちどうしいものである。

comment (2) @ 未分類

思い出の花

2007/03/19
F1000100.jpg
ストックの花、満開!
以前にも記事にしたが、もう何年も前の事になるが、
四国の松山に転勤をしていた頃、どこで買ったか忘れたが正月を前にした其の日、いい匂いの花を買った、それがストックの花であった。

部屋が花の匂い、そして家族の団欒を今も花を見るたびその頃を思い出す。
娘も幼くほんとうに可愛いさかりであった。
春になって花かんむりを作って頭に着せ撮った写真が私の宝である!懐かしい花、ストック! 
comment (0) @ 未分類

雑感!

2007/03/18
F1000099.jpg
花の名前は、「イタリアンスプレーローズ」なんか料理の名前みたい、
これから好きになる「花」も出てくると思うが、自分の一番に好きな花は
山百合である、正確には「笹ゆり」と云う。

茎につく葉っぱが「笹」に良く似ているからかもしれない、
その山百合の美しさは人は知らず自分にとっては最高のものである
山百合に想いがある。

私の兄は「戦死」をしている、私を抱いて「蛍」を見に連れて行き、
その翌日に「海兵隊」に就いたそうである、私に記憶はないが、
今は亡き母が話してくれた、爆撃をうけ船は沈みその場に浮いた破片に
すがり付いて助けを待ったことがあったとか、

母のつらく苦しい時「あの子が生きていてくれたら・・・」涙を流して
つぶやいていた事を覚えている。
田舎の近くに小高い山があり、小さい頃からよく登っていたが、
山百合の咲いていることを知ったのは、小学校を卒業する頃だったと思う

感動したのは、風に揺られながら一本や二本でなく山の頂上にあたり一面とは
いかないがもう、そのあたりいっぱいに咲いていた。
手にいっぱいになり、腕にかかえるようにして兄の墓に差しそして
家の兄の写真の前の大きな花瓶にいっぱい活けた。

母がことのほか喜びそのことが嬉しくて、「山百合」が好きになった
一番の理由である。
あたり一面に咲く花を見れば感動しない人はいないであろう。

美しい山百合も今は少なくなって来ている、
自然破壊のゆえか?
咲くのは六月!なんとか写したいと思う。




comment (0) @ 未分類

三月の雪

2007/03/18

花の名前は「ボロニア」と云う、


三月の雪、きょうの寒さはまさに冬に逆戻りだ、


最初はあられが降って来て次には雪になった、用事が出来て北の方へ


行った。確か去年の三月にも田舎へ行くと六十センチの雪が積もっていた、何かすべて


地球温暖化の進化によるものなのか、


写真は大きくするとぼやける、この方はなかなか進化はみられない、


花も輸入によってみた事も無い花がますます増えてくるようだ。


F1000098.jpg

comment (0) @ 未分類

北風

2007/03/17

F1000093.jpgF1000097.jpg  今日の花はいづれも名前が


    わからない


 風の強い一日だった、


    ボンも風にあおられ一瞬ゆらいだ


                明日は図書館に行きたい、花の名前を調べたいと思う。     


 


 


   


 

comment (0) @ 未分類

白い椿の花

2007/03/16

    今日、写した花はサイズが大きくなって載せられない


   過日の白椿がもう一度、登場!


   毎日さむい日が続いている、桜もつぼみをふくらませたが


   あまりの寒さに凍えて開くための動作を


   休んでしまった。


   空の青さは春の色に見える、しかし二月より三月のほうが


   寒い・・・・・!「春」が訪れのドアをたたくのを


   ためらっている。


      


 


 


 


 


 

comment (1) @ 未分類

小鳥の巣

2007/03/16

F1000091.jpg  これは小鳥の巣、


    風が強く木の枝についていたが飛ばされて 


    つつじの枝に落ちてきた、


    枯草の茎をうまく巻いてタマゴがちゃんと入るように


    出来ている、ちいさい小鳥のようだ本当に小さな


    巣である、去年ここからちっちゃい小鳥が何羽そだって


    大空へ飛んで行っただろうか。


 


 


 


 


 

comment (0) @ 未分類

寒い一日

2007/03/15

F1000087.jpg   トータル的にみればやはり暖冬なのだろうがここ何日かの


  寒さは身にこたえる、


  路傍に咲いていた花を撮ってみた。 


  この花も名前がわからない、こうやって写真を撮りだしてみて


  名前のわからない花の多い事、


  植物図鑑でしらべてみようと思う、わかって物知りになる


  これもまた嬉しいことが一つふえることになる。


            明日はどんな花を撮ろうか、いい花に出会いたいものだ。


  


 


 


 


 

comment (0) @ 未分類

今日の花

2007/03/14

F1000089.jpg< この花の名前がわからない、夕方、ボンと散歩の時


   綺麗だなあと思い撮った。


   今日の散歩、突然ボンがビッコになりびっくりした、


   やはり老犬になると何があるか判らないと実感した。


   しばらく抱っこをして歩き足をさすったりしてみた、


   歩きたくなったようにせがむのでおろし歩かせてみた


   歩けばビッコになりともすれば前にヨタヨタっと


     倒れそうになりもうこれは早く帰ったほううが良いと思った。


     もちろん人間だっていつどのよな事があるかわからない!とにかく気をつけて


     毎日の元気と、健康にきをつけよう。  


 


 


 


 


 

comment (0) @ 未分類

仕事場にて

2007/03/13

F1000024.jpg   去年の秋に撮っていた写真。


 今は枯れ枝の冬、暖冬といっても季節に沿った景色である


  今朝、小鳥が枯れた芝生の上に死んでいた、緑色の羽


  たぶん「めじろ」だと思う、足の爪を少し折り曲げて


  目をつむり、ちっちゃく可愛い姿で横になっていた。


  ほって置いたら鴉たちの餌になると思い、桜の木の下に


                 埋めた。どうして死んだのか、飛びまわり遊びたわむれていた


                 であろう緑色の小鳥であった。





comment (0) @ 未分類

大根の花

2007/03/13

                             F1000086.jpg


大根の身は腐り始めているが、花は元気に咲いている。


       しかしこれも何日か前の気温であればだめになっていたかもしれない、


       ここ何日か寒さがまた帰ってきた、冬になっている。


       こうなって来るとまた野菜の値段が上がるのではないだろうか?


       気候に振り回される日々がいつまで続くやら。        


 

comment (0) @ 未分類

清純なる白

2007/03/12
F1000084.jpg f1000083
 

  白い椿、白い雪柳


       白い椿の花と、その近くに風にゆれていた雪柳、いづれも白、


       白はいさぎよき純潔、何物にも染まらない、


       素直な自分にそして心に帰る、そんなひと時を持つ事も人生の流れの中


       大切と思える今日の一日だった。


       


 


        



             


    

comment (0) @ 未分類

寒い一日

2007/03/11

F1000081.jpgすみれの花、咲く頃


よく聞いた歌の文句にあった、しかしながら今日の寒かった事、すみれも花を


もう一度つぼみにもどしたいと思ってはいないかなあ、


きんせんかも開いたものの少し早まったかって、ひょっとして云っているかも、 


このように寒さがかえり次に春本番も、もうすぐだ!    


F1000082.jpg


 

comment (0) @ 未分類

有言不実行

2007/03/10
確か何かに取り組むと言っていたにもかかわらづ、今日の写真さえ
撮れていない、言い訳は急な用事が出てきてしかも今まで「酒」のお付き合い
いいのかねえ!

呑んでもキーをたたき思いを記事にする、いまこの事に入れ込んでいる自分、
しかし、つい堅い思いが「文字」になる、
くだけた中にキラリと光るものが出るような「ブロガー」たれ!

話は変るが、食べ物で好きなものは「精進料理」?
こうや大好き、とうふに目が無いそれに厚揚げときたら二合の酒が三合になる
いわゆる「イソフラボン」が好きっていうこと。

ついでに、おからである、ところ変れば「うのはな」って云うのかなあ、
これをご飯にたっぷりとのせて、お茶をかけまわし食べる
美味しい!こんな美味しいものがあるだろうか。

一人よがりの「食の思い」であります。
アホかと云われそう、少し酔いがあらぬほうへ引導しそう、
明日の日曜日を楽しく有効に!
comment (0) @ 未分類

テレビを見て

2007/03/10
午後九時よりの金曜プレステージを見た、
中村勘三郎、歌舞伎の襲名公演までの記録である。親が子に伝える、
その過程は親子でなくまさに「師弟」の世界である、ここには「甘さ」は
ない、厳しい現実のみである、今の世にこのように一つの打ち込みに
 
これほどの厳しさを見ることがあるだろうか、中村勘三郎がこの「歌舞伎」を
今の「高校生」に見せようと企画した、結果、大成功だった。
「中村君、頑張れ」ってメッセージに奮発した、なにもわからない一高校生に、である。
 
見て思うことは今の高校生にいきなり「歌舞伎」を理解をしてほしいと
云ってもどだい無理なこと、日本文化の教育がなされていると思えないから
である。

現実どうなのだろうか「善悪」についての教育は出来ているのだろうか
馬鹿な「教師」の出現に不安を覚える、
たまたまのほんのわづかな「教師」のおこないがニュースになる。
  
「厳しさ」をうけ継ぐ、本来、親から子に伝わって行く大事な「家庭」での
教え育てゆく場であるはづ、
「モラル」これを日本語にどう約しているのか、これを守るべきもの

これは家庭にかかっている
まさに「家庭」のオアシスに全て含まれ行く!!




comment (0) @ 未分類

早春

2007/03/09

                  F1000081.jpg                                             F1000080.jpg


今日の花は失敗!みかんとさんしゅである、


   みかんが綺麗になっていた、さんしゅは赤い実がしわ枯れに残っているが


   うまく写せなかった。


   今日は午後になり暖かくなり「春」らしい一日であった、明日は写真の


   構成の研究に取り組もう<おおげさ>


       頑張らなくては!



comment (0) @ 未分類

今日の花

2007/03/08

F1000077.jpg
                                                F1000078.jpg


すてられた大根に花が咲いた!


      敷地の片隅に咲いたタンポポ、


         捨てられた大根も土の中でなくても花を咲かせた、しかし


       贅沢なもんだなあ、これは飽食時代の何処にでもある


        風景なんだろうか、すてなくてはいけないから捨てたと応えが


       返ってきそうだが!


       タンポポが咲いていたこれもやっぱり少し早いのかも?           

comment (0) @ 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。