スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comment (-) @ スポンサー広告

ゴールデンウィーク

2007/04/30
F1000212.jpg
ゴールデンウイーク!観光地や山や海はさぞかし
賑やかな事だろう、
そんな中、タンポポに似た野生の花、誰が見ていなくとも!
テレビを見ればよくもまあ、毎日のように事件のある事、
殺人とか凶悪事件が多い、

今日はところにより真夏日!
もうこんな日が続くのだろうか、まだ「梅雨」があるのに
天候に左右される人間界である!
スポンサーサイト
comment (0) @ 未分類

晴天

2007/04/30
テンプレートの変更をした。
  昨日までの写真が右、左が変になった、素人はこれだから
  困るんだなー!
  三日、四日は再びいなかへ行き、西瓜を植えに行く、
  ゴールデンウイーク、「民族大移動」の日であります

  大型連休、今年は「遠近短」のどちらになるのか
  結構、事故も多い、ほんと気ーつけて移動してほしい
  そして、自然を守り傷をつけないでほしい!

  

  
  

comment (2) @ 未分類

晴天

2007/04/29
F1000202.jpg
山の中に咲いている木の花、
  あじさいに少し似ている、山百合を採りに行く入り口であるが
  昔あった道がなくなっている。
 
  もう誰も行く人もいなくなってしまったのかもしれない
  それと今の暮らしの中に山へ行くと言う「用事」が
  無くなってしまったのだろう。

  山の中を走り回った時代はもう遠い昔の事である
  木いちごや栗やあけびとか自然のものを口にするなんて
  今の子供達には考えられない事だろう。

  案外と田舎に育ちながら自然に関心をもたない
  子供達が増えているとしたら何かいいようも無く
  さみしい事であり、少し怖い事である様にも思える。

comment (0) @ 未分類

故郷の山

2007/04/29
F1000209.jpg
昨日は、一日中、農作業であった
 たまの事でやはり疲れる。
   山は若葉でほんとにきれいである、秋の紅葉の山肌もよいが
   今の季節の緑におおわれた山が見ていてすがすがしい。
comment (0) @ 未分類

芋植え!

2007/04/28
        F1000204.jpg              F1000200.jpg
左は野生の「すみれ」右は雑草に埋まった「ぼけ」の花!
   今日の田舎行きの目的である、「芋」を植える作業を終えた
     今年も美味しい「芋」に育てよと、心を込め植えた!

      疲れたー!家についたら日が暮れた、田舎の地酒を買った
        「美酒」を味わい今日、一日を終わろう!
      

 
comment (0) @ 未分類

故郷

2007/04/28
                  F1000205.jpg                                           F1000207.jpg
田舎の桜!
    そろそろ満開である
      八重咲きでとてもきれいで、
        見ごとな「さくら」
           右は毎年のように吊られる「鯉のぼり」
              かえりの夕方、風が止まり、今日もおつかれ様でした・・・・・・!
comment (0) @ 未分類

田舎へ行ってきたー!

2007/04/28

 


                   F1000210.jpg                                           F1000199.jpg


疲れたー!
    朝、五時過ぎに起きて、田舎へ!
    緑風の里へ・・・・・
    我がふるさと、左は「はや」「ふな」「うなぎ」「なまず」そして「あまご」まで
いた「川」である。
今は「からし菜」が咲き「春」の景色を演出してくれている!
右は、山百合の咲く「ふるさと」の山である!
comment (0) @ 未分類

明日は芋植え!

2007/04/27
                 F1000198.jpg                                          F1000197.jpg
ガーベラが赤すぎてうまく写らなかった、
明日は早く起きて田舎へ!
さつま芋の苗が昨日きていた、種類は「べに東」
明日は風景写真を撮って記事に載せ見たいと思っている。
comment (0) @ 未分類

今日の花

2007/04/25

 


 雑草の中に咲いていた花!

この間、撮ったときは二本だった、「野山の花」の本を見たが無い
いったいなんだろうかなんて云う花なんだろうか,
昼過ぎに雨がやんで散策の途中に撮った.





comment (4) @ 未分類

曇りの天気

2007/04/24
                      F1000193.jpg                                      F1000194.jpg
午後からどんよりと曇って来た。
左はゼラニューム、右は花菱!こんなふうに花の名前がいつも書けたら
どんなにいいだろうにと思う、
しかし最近ワンパタだあーね!内容の充実<おおげさ>
ちょっと変える努力をしなければ!
comment (0) @ 未分類

若葉の季節

2007/04/23
                          F1000189.jpg                                 F1000190.jpg
桜も花びらが、風に心あるが如く舞い散って、隣の木々は、早や若葉の見るからに
新鮮な彩りに変っている。
早咲きのつつじもきれいに咲いた。しかし四月も終わりに近づいた今日、風はきつく少し寒いようにも思えた、めぐりめくる四季、その中にあって四季がある幸せをあらため思うこの頃、

日本の文化も美しい四季により育まれたものと思う、それこそ「わび、さび」なるもの、この中に
包含されているのではないだろうか、
生意気にもこのように感じた一日であった。
comment (0) @ 未分類

雨降りの日曜日

2007/04/22
F1000187.jpg
とうとう、雨が降り出した。
図書館に行こうとしたが雨降りで少しおっくうになった。
一番近いところは、明石市の図書館、
明石城跡の高いところにある、駐車場から上り坂を歩いて行かねば
ならない。

今日選挙の所も大変だろうと思う、
この間、abcラジオで、道上陽三<どうじょう>さんが言っていた。
立候補者、全員がマニュフェストを発表してもらい、当選者、四年後に
その判定をし、実現率の低い人は再び立候補は出来ないとしたらどうか。

そんなことが出来れば地方も国も随分良くなるだろうなあと思う
まあ、とにかく頑張って頂きたいものである。
しかしながら、手前勝手であるが、日曜は晴れてほしいものである
何をしようとしても気軽に体が動く!



comment (2) @ 未分類

日曜日の朝

2007/04/22
F1000184.jpg
爽やかな朝といいたいが、曇り空、どんよりとしている
気温が高くなってきた。
<いづれがあやめでかきつばた>でもない咲き始めた花、

それぞれの花にまつわる所以か「花言葉」があるが、これを知ってみたいと
最近、思い出してきた。図書館でも行ってみなければ判らない事、
労力を惜しむことなく頑張ってみよう!


comment (0) @ 未分類

夕暮れ

2007/04/21
                     F1000185.jpg                                       F1000187.jpg
夕暮れ近くなった公園を通った。
まだまだ子供達が賑やかに遊んでいる、ふと目にはいった子供連れのお母さん
二人の子供さんをじっと、見守っていた。

下の子供さんは、二歳から三歳ぐらいかも知れない、おおきなリュックを背負って走り回っている、上の子供さんは五歳ぐらいか、中学生のお兄さんのキャッチボールに興味があるらしくその場を離れようとしない。

そろそろ帰りたいお母さん、声を掛け帰りはじめた、下の子はお母さんについて背にリュック揺らしながらチョコチョコとついて行き始めた、
しかし、お兄ちゃんはキャッチボールの場から離れない、

振り向いてお兄ちゃんが来ていない、お母さんの側に行きながらまた、後がえりをしだした、笑みを浮かべじっと見ているお母さん。
この場を見て自分の子供達も、小さい頃からこのようにいつもお母さんと

過ごしていたであろうことが目に映った、やれ出張また単身赴任と、とにかく
家にいることが少なかったように思う。
この間、テレビで「東京タワー」の原作者が出て語っておられた、

ご自身の「おかん」が死んだ時の悲しみは、この世でこれほどの悲しみが
どこにあるか、まだ味わっていない方達の苦しみを思う、と言っておられた。
男は本質的にマザコンであると言われているが、これは当然と思う。

いつもお母さんと一緒!学校から帰って先ずは「おかあちゃん!」である
お母さんの姿が見えなかったら大変である。
公園で見ている親子のようすから、この男の子達も「本質マザコン」は
当然のままに成長するであろう。

母を失う悲しみ、若いころに味わった、若い時ほど悲しみは大きいように
思う、誰しもいつかは遭わなくてはならないことであるが、
やっと、キャッチボールが終わり弟と手をつなぎお母さんのもとへ行った。

三人のうしろ姿を見てつい幸せを祈った。
そんなことを感じまた思い出しながら今日の散歩を終えた。





   
comment (0) @ 未分類

春の陽気

2007/04/21
F1000181.jpg
地面に咲いた花!
  花の名前はわからない、なんかいつもこうである事を反省する。
  しかし可愛い花、きつい風にも倒れることなく
  綺麗に咲いている。

  春でこそ見られる自然に咲く美しい花よ、
  花日誌によってその花たちに目が行き、会えることを感謝している。
  
comment (0) @ 未分類

田舎行き延びた!

2007/04/21
F1000183.jpg
<やまぶきの実の一つだき無きかなし>だったかなあ!
  確かこの句は、昔の武将、大田道灌の詠んだもので狩りの途中
  雨に遭い、通りがかった一軒の家に寄って、蓑を借りようと思った
  出てきた娘が、やまぶきを一枝差し出した。

  山吹は「実」が成らない、つまり雨を凌ぐ「蓑」が無いと云う
  ことであった、大田道灌は浅学の身を恥じ、以後、勉学に
  いそしんだと云う事である。

  今日の田舎ゆきは断念!
  それは、さつま芋の苗が原因である、
  毎年植える「べにあづま」の苗が二十六日に入荷とのこと

  そんなことで日を伸ばした。
  「紅あづま」は二年前に初めて植えてみた、
  この芋を食べると、ほんと美味しい!

  以来この芋にきめている。もうこの季節になった
  一年って早いものとしみじみ感じる。

  


  

  

comment (0) @ 未分類

強風!

2007/04/20
F1000179.jpg
「さんしゅ」の実!
  花は散り、青い葉っぱが大きくなっています。
  「あなたねえ!まだいすわるつもり」
    「いや、もうそろそろ降りて行こうと思っています。」
     また、そんな会話が聞こえてくるようです。
     若葉の季節!
     しかし今日の風、身も心も軽い自分、前へ行く事も出来づ
     後ろへ飛ばされそうだった。
     
     少し残った桜の花びらもこれで散ってしまったのでは 
     日一日、五月に向かって進んでいます。
     花、咲き乱れる五月も近づいてきた!

     
     
comment (0) @ 未分類

朝の散歩

2007/04/19
F1000176.jpg
F1000177.jpg
       今日の朝は本当に寒かった、ボンにも服を着せて
     散歩に出た、桜も寒い為かまだ完全に散りきっていない
     下は、遅咲きの山桜である。

     今週の土曜日は田舎へ行く、そろそろ、さつま芋の植える
     準備と、玉葱にじゃがいもがどうなっているか、
     りんご!ひょっとして花が咲いてはいないか、まさかねえ
     わくわくして田舎へ・・・・・!
         
comment (0) @ 未分類

寒い春!

2007/04/19
F1000178.jpg
   うっ!この花、なに?
       花ニラでもないようだし、まったくわからん
       春になると、地下に眠っていたものが目を覚まし
       にょきにょきと這い出してくる、

       いや、そうでなく、づーっと春が来るのを待っていたのかも
       知れない!  
       
          
       
   

comment (0) @ 未分類

爽やかな春の日

2007/04/17
                  F1000170.jpg                                      F1000172.jpg
黄色い花、再び登場、
    右は石垣に咲く花、一見ポピーに似ている、名前はわからない花!
  「ボン!」チョット待って、とせわしない撮り方である、
  「僕、なんで、とまらなあかんの・・・」と、こちらを振り返って見た。
 
  <花の命は、短くて苦しきことのみ、多かりき>
   これは確か、明治の女性歌人の「句」であったと思う、
   女性蔑視、男性上位の世の中、多くの女性が悲しく、苦しい生活を
   強いられていたのだろうか。

   現代はどうだろう、女性は強くなったとよく聞く、しかし
   本当の所、女性の地位向上はこれからと思うがいかがなものか
   今回の地方選においても、もっともっと、女性が立候補をするべきと
   思う、そして男性社会の欠点を是正しなければ・・・と、思う。

   なんか、とてつもない事を書いた様です!
  

  
      
comment (2) @ 未分類

ラジオに耳を!

2007/04/16
このあいだ、車でラジオを聞いていた。
こんな事をいっていた、
   「みなさん、電話をかけたり聞いたりする時・・・
      はい!もしもしもしもし」っていいますがこの「もしもし」は
なぜ、もしもしなんでしょうか?そして答えをいくつかだしていた、
その答えを忘れてしまったが、本当の答えは、日本で初めて
  電話が開通した頃のこと、もちろん「直通」でなく電話交換手を通した
 その交換相手に確認をとるため、なんと、こう云った
      「申し上げます」「申し上げます」
  その「申し上げます」が「申す」に略されついに「もし」になった。
申し上げます、申し上げますが今、「もし、もし」になったということである。ほんにおもしろいことです。      
comment (0) @ 未分類

春の風

2007/04/16
F1000165.jpg
F1000171.jpg
         チューリップもそろそろ終わりそうだ。
     結構ながい間、美しく咲いていた、
   やはり「春」を代表する花、いつまでも愛される花である。

   花は好きであったがブログの写真で毎日のように花に目が行き
   毎日のように写真を撮るようになった、
   いつまで続くかわからないが「花日誌」でやってみよう!

comment (0) @ 未分類

地震

2007/04/15
F1000161.jpg
  三重県で震度五強の揺れがあった、よく言われている
           南海地震のはしりだろうか、恐ろしい事だと思う、
           しっかりとした対策が求められる。
     
           選挙戦の後半がスタート、テレビは各政党の党首の
           叫びを映している。
           与党びぃきではないが野党は楽だと思う「批判」さえ
           しておればよいのだから、
     
           某、野党党首は何億かわからない財産家それも
           自民党時代に貯めこんだとか、ほんとかどうか
           いづれも口さがないマスコミの云う事、

           とにかく「悪へい」を改め不合理を無くしてほしい
           無責任な政治家の追放が、このチャンスが選挙では
           ないだろうか、まづは地方議会からということかも!

           ところで、この記事と上の花、合わないのでは?
      
     
comment (0) @ 未分類

畑いじり!

2007/04/15
F1000170.jpg
  春の天気じゃあないと愚痴を言ったが、なんと
          午後になってとても良い天気になった、
        ぐちったことがなにか悪い事をしたみたいである。

         さっそく畑仕事をした、そのとき小さい黄色い花があった。もちろん花の名前はわからない、
         いろんな「芽」が出てどれが花でどれが雑草かわからない
             季節でもある。


comment (0) @ 未分類

からっとしない春の日

2007/04/15
F1000126.jpg
    きままな天気、春らしい日を待つが休日に限って
           よくない天気である。
           別にどこかへ行くというのではなく、少しばかりの
           庭いじりをしたいぐらいのもの、
           

           しかたなくテレビをみる。
           北朝鮮の問題、最初からそう上手く行くとは思っては
           いないが「拉致」といい「核」といい、困った国だ
     

           非核化が最優先はもちろんであるが、これを
           最大限に利用し、物資や金を引き出そうとしている。

           「功」を焦って、結局、取られるものだけで
           なんら成果もなくお流れになりそうな感じがする
           ほんと、どんなことになるのか!
comment (0) @ 未分類

さんしゅの実

2007/04/14
F1000169.jpg
   さんしゅの実、秋のおわりからくっいています!
       「なんだ!おめえい、まだ、いるのかよう」
     「そうなんですよこの子ったら、親離れしないんですよ」
    もう、秋も過ぎ、冬も過ぎ、桜の花も散って若葉の季節です、
    「あんたが甘いんだよ、さんしゅの奥さん」
      「私はね、厳しく云っているんですよ、しかしこの子は
     こんな事を云うんですよ」・・・・・・!
     <僕はね、なにもいつまでもいようと思ってていません、
     しかしこの下を見てください!
     犬の糞がいっぱいでそれに猫の匂いやゴミがいっぱいです!
     そんなところへ降りていっていい芽が育つと思えないんです、
     そんなことでもう少し様子を見て着地をしたいんです>

     「どう思います、この子の云う事ももっともと思われませんか!」
     そんな事を言い合っている声が風に乗って聞こえてくるようです
     人間による「環境汚染」が植物達にとって深刻な問題に
     なっているようです。
     



    




      
comment (0) @ 未分類

花吹雪

2007/04/13
                           F1000164.jpg                          F1000168.jpg
今日の風は花ちらし、満開の木はこのきつい風で花びらは、
     散ってしまった。この木の下を歩くと肩に、頭に花びらを
      浴びる、それこそ芝居の舞台に立ったみたい、ほんとに
       きれいでこの味わいは、今だけのものだ。

        地面に、にゅっと伸びた「つくつくぼうし」春でこそ
        見られる物のひとつ、ふと幼かった頃を思い出す。
comment (0) @ 未分類

雑感

2007/04/12
F1000167.jpg
    この花、なんて云う花だろうか?
      写りがもうひとつ良くないので余計にわからない、
        携帯よりもデジカメの方がきれいに撮れるかも、

       デジカメからのアップロードを研究しなければと思っている
        なかなか難しいもんである。
        しかしネガがどんどんたまる一方である! 





    
comment (0) @ 未分類

雑感!

2007/04/12
F1000161.jpg

  チューリップの種類も多いこれも人間による美しさ
      今日、山の側を通った、なんと「山つつじ」が咲いていた
      「こぶし」の次に咲く山つつじ、春を告げる花、

       季節、めぐりくる春に人はみな思いを馳せる、
       自分を見失うなうことなく、賢明でありたいものである、
       若芽、若葉の青さに感動しうる、春の日でありたい。

       花の季節に「希望」を!
         若葉の季節に「大いなる希望」を!
              
       
comment (0) @ 未分類

雑感

2007/04/11
F1000163.jpg
  名前はわからない、
     地面に咲いた花、
       誰が見てくれなくても
         せいいっぱい咲いている
            美しくさいて、風に揺れている。
comment (0) @ 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。